大動脈弁閉鎖不全症で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者

相談者:男性 40代

傷病名:大動脈弁閉鎖不全症

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

支給月から更新月までの総支給額:年額約65万円 更新月まで約316万円

相談時の相談者様の状況

この方はHPをみてご連絡いただきました。

過去に障害年金申請を進めていたものの、就労の関係で時間が中々さけずに放置していたとのこと。

いい加減申請だけはしないとなぁと思ったときに、当センターのHPを見かけて問い合わせようとなったそうです。

現在も就労していることもあり、費用が掛かっても任せたいとのことで受任となりました。

相談から請求までのサポート

初診の証明等、難しいという点は特にはなかったのですが、本人が申請しようとしていた時点からは時間がたっていたこともあり、病歴の洗い出しや現在の状況の追加などを行う必要がありました。

特に大きな問題もなく申請となりました。

結果

 

障害厚生年金 3級

無事に受給が決定しました。

自分での申請は途中で放置し断念したこともあり、申請までの期間、受給結果がくるまでの時間が早く、感謝とともに驚いていたのが印象に残りました。

障害年金申請の難易度が高い、難しいポイントがあるから専門家に依頼する、それ以外は自分でやれば費用が掛からずに済む。という考えのかたもいらっしゃるようですが、実際には今回のように申請することを時間がない等の理由で断念したので任せたいというパターンもあります。

申請の仕方によっては、早く申請すればするほど年金支給開始が早くなるケースもあるため、ご自身で進める場合に比べて2か月以上早くなるケースも良くあります。

早く申請ができ、決定もスムーズに行われ、入金までの時間が大幅に短縮されると、専門家に支払う費用というのは十分に価値があるものだと思います。

まだまだ障害年金の受給権利があるにもかかわらず、申請していない、断念した過去があると言う方は多いと思います。

問い合わせをすることでご自身は手間をかけずに受給となるきっかけにもなります。

遠慮はいりませんのでまずはお気軽にお問合せ下さい。

関連記事

「人工弁」の解決事例

「人工血管」の解決事例