解離性大動脈瘤で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者

相談者:男性 40代 東海市

傷病名:解離性大動脈瘤

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

支給月から更新月までの総支給額:年額約118万円 遡及含め更新まで約718万円

相談時の相談者様の状況

今回のケースは、HPを見て配偶者の方からご連絡を頂きました。

入退院を繰り返しており、入院中は収入も減ってしまうこともあり、何か経済的な援助となる制度はないかと探していたところ、友人から障害年金のことを教えてもらったとのこと。

そこでインターネットで調べ始め、良く分からないということもあり問い合わせを頂きました。

制度説明や本人の現状から申請についてのポイントをご案内。

本人にも説明して欲しいということで面談を設定。

面談にてヒアリングをしていると、遡っての請求が可能だということが分かりその旨も案内。

自分たちでの申請は大変そうだということもあり、ご依頼となりました。

相談から請求までのサポート

初診は比較的最近であったこともあり、受診状況等証明書の取得はスムーズにできました。

診断書作成は認定日と現在の2枚が必要でしたので依頼。

その間に病歴の整理を行いました。

途中主治医から診断書作成について教えて欲しいとなり回答。

「ペースメーカーで障害年金を貰えることは知っていたが、人工血管、ステントでも受給できる可能性があるんだね、勉強になったよ。」と言って頂けました。

診断書の内容も十分でしたので申請へと移行しました。

結果

障害厚生年金 3級

無事に遡及含め受給決定となりました。

相談が初期では将来に向かって受給することを想定していたご様子で、過去の分も出るという結果を知り、大変喜んでいただけました。

今回のケースはシンプルな申請ではありますが、要点を押さえたり、医師への説明をしっかりしたことで遡及での受給決定となりました。

裏を返せば、申請の仕方によっては遡及請求とならなかったり、診断書作成を断られたりという可能性もあったということです。

障害年金申請は非常に複雑なため、最適な形ではない書類となって申請受付となってしまうこともあります。

さらには自身の結果が妥当であるのかということもわからないままでいるケースも多いのが現状です。

きちんと保険料を納付しており、障害状態が等級に該当するのであれば、正しい結果で障害年金を受給するべきだと考えています。

「どのような形が最適な形なのか」、それを確認するためにも是非専門家に問い合わせて見てください。

当センターでは問い合わせでいただいた情報の中から最適な形を導き出し、出来るだけ早く受給となる様サポートさせていただきます。

当センターは問い合わせ方法も沢山用意しておりますので、皆さんのやりやすい方法で構いませんので是非問い合わせてみてください。

LINEで簡単にご相談できます。

LINEをお使いのお方はLINEを使って簡単にご相談することができます。
※公式アカウントの登録はこちら↓

問い合わせフォーム

    お名前(必須)

    メールアドレス(必須)

    お電話番号 (必須)

    ※メールが届かない場合がございますので、電話番号のご入力をお願い致します

    ご都合のつく時間帯はいつですか?
    9:00~12:0012:00~15:0015:00~18:0018:00~

    年齢 (必須)

    お住まい (必須)

    傷病名 (必須)

    発症日 (必須)

    問い合わせ内容
    無料相談を申し込みたい受給できるかどうか知りたいその他(自由記入)

    その他の方は下記にご記入ください

    個人情報保護方針を確認頂き、宜しければチェックを入れてください

    今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

    [mwform_hidden name="recaptcha-v3"]
    [mwform_error keys="recaptcha-v3"]

    関連記事

    「人工弁」の解決事例

    「人工血管」の解決事例

    「心疾患」の解決事例