知的障害、自閉症スペクトラム障害、てんかん、先天性水頭症で障害基礎年金1級を受給できたケース

※複数の障害を加味してもらい、1級で認定されたケース。

相談者

相談者:女性 20代 東浦町

傷病名:知的障害、自閉症スペクトラム障害、てんかん、先天性水頭症

決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級

支給月から更新月までの総支給額:年額約97万円 遡及含め更新まで約316万円

相談時の相談者様の状況

今回のケースは、養護学校で開催した障害年金勉強会の参加者の方からお電話でのご連絡で始まりました。

「障害年金の申請時期が近く、どの様に進めて良いのかを悩んでいたところで、先生の勉強会の話しが丁度あり参加しました。サポートをお願いしたい。」とのこと。

ヒアリングをすると、精神(知的、自閉症、てんかん)障害、肢体障害と複数障害があること、また、それぞれについて通院先が分かれていることなどがわかりました。

ご家族が申請について悩むのは無理もありません。

ご自宅にて面談を再度実施し、病状、通院歴の詳細をお伺い。

日常生活状況、今後の生活環境を考えると1級になると良いなぁという希望があり、状況的には十分可能性があることご案内。

ご家族としてもやれるだけのことをして審査を受けたいということでご依頼となりました。

相談から請求までのサポート

初診については、20歳前障害年金であり、通院先もかなり前からお世話になっていることから初診日の証明は不要でした。

一方で、どこの病院でどの診断書の作成が可能なのか、適しているのかの検討が最初のポイントでした。

各主治医の意見も参考に、この病院にはこれをという案内をして診断書の作成を依頼。

また、病歴についても複雑ではあったので整理、修正、追記を繰り返し作り上げていきました。

診断書作成後も各診断書の内容、病歴、症状の整合性はどうかなどを確認し、提出前最後の書類作成へ。

ご家族も納得できる書類一式が揃ったので申請へと移行しました。

結果

障害基礎年金 1級

無事に1級での認定となりました。

今回のケースの様に20歳前障害で、かつ複数障害があるケースは意外と多いです。

その場合、申請を進めているご家族がどのようにして良いか分からずに行き詰ってしまい、役所等に相談するも的確な案内がなく、不安や焦りで困ってしまうという声をよく耳にします。

役所、福祉施設でも複雑なケースでは中々上手く案内が出来ずに困ってしまうそうです。

そんな時こそ専門家に相談してみましょう!

今回は養護学校で勉強会の講演依頼があったタイミングと申請するタイミングが合ったので良かったですが、

当然、タイミングが合わずにインターネット等で調べては悩むを繰り返している方も多いと思います。

皆さんの申請タイミングの時、もしくはまだまだ先だけど調べておきたい、知っておきたいというご家族もいらっしゃると思います。

当センターではどんなタイミングでも構いません。

遠慮なく聞いてください!

問い合わせをして安心できたというお声を沢山いただいております。

皆さんのお悩みをお聞かせください。(相談は無料ですよ!)

当センターは問い合わせ方法も沢山用意しておりますので、皆さんのやりやすい方法で構いませんので是非問い合わせてみてください。

LINEで簡単にご相談できます。

LINEをお使いのお方はLINEを使って簡単にご相談することができます。
※公式アカウントの登録はこちら↓

関連記事

「てんかん」の解決事例

「発達障害・知的障害」の解決事例

「精神疾患」の解決事例