双極性感情障害で障害基礎年金2級で受給できたケース

過去に申請し不支給となり、依頼後の申請で認められたケース。

相談者

相談者:女性 50代 大府市

傷病名:双極性感情障害

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:年額約78万円 遡及含め更新まで約234万円

相談時の相談者様の状況

今回のケースは、当センターへのHPを見てお電話での問い合わせから始まりました。

前回の事例と同様、過去に自分で申請をして不支給となったケースです。

結果が届いてから時間が経過し症状は更に悪化。

また、ご家族も疲弊しており、今回の申請を最後だと思って申請をしたいとのこと。

前回申請時の書類が全く手元にないということで、年金事務所にて取り寄せし、その資料を元に面談を行いました。

初回申請時は初診が否定された等ではなく、症状が該当しないという審査結果である可能性が高かったため、

今回は診断書の内容がズレない様にフォローして進めることを案内。

自身達では申請への気力がないということや費用を払ってただし結果となるのであればお願いしたいということでご依頼、受任となりました。

相談から請求までのサポート

前回申請時の取り寄せ書類を基に初診日の証明や病歴就労状況等申立書を整理。

また、前回から現在までの状況の追加を行い、同時に症状について、日常生活状況についての平リングと資料作成。

現在の主治医との関係はあまり良くないということで、どの程度状態が伝わっているか不明でありましたが、普段から資料の添付をしている病院ではあったため、診断書作成へ移行。

診断書完了後確認すると、内容としては現実とズレのない的確な診断書でした。

不備等も無かったので申請へと移行しました。

結果

障害基礎年金 2級

無事に認定となりました。

最初の申請で不支給となって、本人もご家族も落胆し、症状も悪化、家族の疲弊も強くなっていたこともあり、今回の申請で受給となったことは一筋の光明になった様子で、喜びのお言葉と供に大変感謝しておりますと言って頂けました。

障害年金が経済的な支えだけでなく、本人、家族の心の支えにもなるということが良く分かりますね。

今回のケースの様に、一度不支給になった場合でも2回目以降の申請で受給となることはあります。

簡単に諦めてはいけません。

不支給の理由によっては2回目以降の申請が困難となることもありますが、それはしっかりと検討してみてから結論付ければ良いと思います。

自身達の申請を結果を踏まえて振り返り、原因を導き出すことができれば良いのですが、現実的には難しいと思います。

だからこそ、専門家である我々に問い合わせて欲しいです。

知識と経験から理由を導き出し、次の申請はどこに重きを置き、具体的にどのような手段でフォローするのかを考えます。

その為には問い合わせの一歩から始まります。

是非お話を聞かせてください。

当センターは問い合わせ方法も沢山用意しておりますので、皆さんのやりやすい方法で構いませんので是非問い合わせてみてください。

LINEで簡単にご相談できます。

LINEをお使いのお方はLINEを使って簡単にご相談することができます。
※公式アカウントの登録はこちら↓

問い合わせフォーム

双極性障害の最新記事

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金無料相談受付中! 050-5897-7869 受付平日9:00〜18:00 携帯 080-8413-8439 お急ぎの方はこちらまで 無料相談会予約無料メール相談