うつ病、軽度知的障害で障害基礎年金2級で受給できたケース

過去に焦って請求してしまい不支給となり、依頼後の申請で認められたケース。

相談者

相談者:女性 30代 武豊町

傷病名:うつ病、軽度知的障害

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:年額約78万円 遡及含め更新まで約268万円

相談時の相談者様の状況

今回のケースは、当センターへのHPを見てお電話での問い合わせから始まりました。

「過去に自分で申請をして不支給となり、しばらく落ち込んでしまっていたが、

納得できない部分もあるので、再度挑戦をしたい。

しかし、不支給となったこともあるので専門の人にサポートをしてもらいたい。」

とのこと。

そこでまず、前回の申請は何が理由で不支給となったのかを聞き取り。

ここを明確にしなければ再申請でも同じ結果となってしまいます。

お話を聞くとどうも神経症での申請だったご様子。

過去の申請時の書類もあるとのことでしたので、より深く検討するために面談を行いました。

診断名、内容からやはり神経症での申請であり、精神疾患の症状があった可能性が高いのですが、それを審査に見てもらう為の記載方法がされていなかったため、単なる神経症と判断されていた可能性が高いことが判明。

前回申請時から病院が変わっているなど環境の変化もあるので、前回申請、そして前回から現在までの状況についても加味した上でフォローして申請することがベストであることを案内。

話した感じでも話しやすいので安心した事と、専門であることも頼りになるので依頼したいとなり受任となりました。

相談から請求までのサポート

前回申請時から5年経過していないこともあり、受診状況等証明書を前回の物を使って欲しいという要望書を出せるため、今回は受診状況等証明書は作成しませんでした。

次に前回申請時の病歴をわかりやすい様に整理。

次いで、前回申請時から現在に至るまでの日常生活状況や症状を追記。

症状についても再度整理を行いました。

傷病については現在の病院は精神疾患であるうつ病になっていることもあり、

神経症の症状から精神疾患の症状へと移行してく様子を病歴に反映。

資料を添えて診断書作成へ。

傷病名含め内容としては十分な内容であり、不備等も無かったので申請へと移行しました。

結果

障害基礎年金 2級

無事に認定となりました。

最初の申請で不支給となって心身ともに疲弊したので、今回受給決定となり家族みんなで喜んでいるというお言葉を頂き、本当に嬉しく感じています。

今回のケースの様に、初回申請時に不支給となってしまい、心身疲れてしまうというのはよく耳にします。

障害年金の申請というのは手間と時間が掛かる為、病状と付き合いながらということを考えるとかなり大変です。

また、大変な思いをしたにもかかわらず不支給となってしまうとがっかりしてしまうのも理解できます。

今回、専門家に依頼し申請したら受給となったということは、実は前回の申請時で受給となった可能性も否定はできません。

初回申請で受給となった場合、支給開始もその分早くなることを考えると、

最初から専門家へ相談しておいた方が良かったのかもしれません。

とはいうものの、障害年金の相談をどこにしたら良いのか、専門家なんているのか、というお声が多いのも事実です。

当センターとしてはそのような方がいなくなるよう、実績を積みながら、今以上に認知度も上げていかなければならなと思います。

当センターは問い合わせ方法も沢山用意しておりますので、皆さんのやりやすい方法で構いませんので是非問い合わせてみてください。

LINEで簡単にご相談できます。

LINEをお使いのお方はLINEを使って簡単にご相談することができます。
※公式アカウントの登録はこちら↓

問い合わせフォーム

うつ病の最新記事

受給事例の最新記事

発達障害・知的障害の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金無料相談受付中! 050-5897-7869 受付平日9:00〜18:00 携帯 080-8413-8439 お急ぎの方はこちらまで 無料相談会予約無料メール相談