慢性心不全で障害厚生年金3級で受給できたケース

認定日の特例で1年6か月経過前から受給できたケース。

相談者

相談者:男性 50代 常滑市

傷病名:慢性心不全

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

支給月から更新月までの総支給額:年額約97万円 遡及含め更新まで約240万円

相談時の相談者様の状況

今回のケースは、当センターへの電話問い合わせから始まりました。

自身が障害年金の対象になるのではないかということを知り、申請をしようとしたが、調べても良く分からず、不安が出てきたそうです。

そこで役所に相談に行ったところ、「力になってくれる人がいるから、個々の相談してみては」と案内され電話問い合わせしたとのことです。

お話をお伺いすると、弁置換、弁形成、人工血管留置と様々な手術をしている状況。

障害状態の要件としてはクリアしていることは本人もある程度理解はしていたが、初診の証明や病歴の所で不支給となってしまう可能性もあるので不安だということでした。

申請についてのポイントなどを案内し、自身での申請を 後押しをしたつもりでしたが、

後日、やはり不安なのでご依頼したいとなり面談設定→ご依頼となりました。

相談から請求までのサポート

今回の申請は初診などを否定されなければ、初診から1年半経過前に認定日が定められ(認定日の特例)、過去に遡って支給される可能性が高い案件でした。

初診の証明の取得、その内容を踏まえた上での病歴の作成、それと同時に診断書作成を同時に行いました。

診断書作成後、内容確認と病歴を見直し修正、その後、申請へと移行しました。

結果

障害厚生年金 3級

無事に認定日の特例での過去の遡りの請求(遡及請求)が認められました。

申請から結果が出るまでも3か月より早く、スムーズに決定でたことも喜んでいただけました。

今回のケースの様に障害状態は認定基準に合致しているからといって、申請そのものが簡単に済むかというと、そう上手くはいかないことも多いです。

似たようなケースで自身で申請を進めて、何度も年金事務所に通い、審査からの返戻もあり、結果が出るまでにかなりの時間がかかり、経済的に非常に困ったというケースを目にしたりします。

一方で我々専門家は申請受付までの時間を短縮することもでき、それが月単位となると、年金総受給額も大きく変わってきます。

費用を掛ける価値のある申請をするのが専門家です。

諸事情によりなるべく早く支給開始を望む方もいらっしゃるでしょう。

そんな方程是非専門家への相談を検討してみてください。

依頼するかは関係なく、当センターは問合せ対応をきっちりさせていただいております。

問い合わせは無料です。是非お話を聞かせてください。

当センターは問い合わせ方法も沢山用意しておりますので、皆さんのやりやすい方法で構いませんので是非問い合わせてみてください。

LINEで簡単にご相談できます。

LINEをお使いのお方はLINEを使って簡単にご相談することができます。
※公式アカウントの登録はこちら↓

問い合わせフォーム

人工弁の最新記事

人工血管の最新記事

受給事例の最新記事

心疾患の最新記事

障害年金無料相談受付中! 050-5897-7869 受付平日9:00〜18:00 携帯 080-8413-8439 お急ぎの方はこちらまで 無料相談会予約無料メール相談