自閉スペクトラム症で障害基礎年金2級で受給できたケース

相談者

相談者:男性 20代 岡崎市

傷病名:自閉スペクトラム症

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:年額約78万円 遡及含め更新まで約410万円

相談時の相談者様の状況

今回のケースは、HPを見てメールでの問い合わせから始まりました。

問い合わせいただいた内容は2つあり、 まずは母親が障害年金の対象なるかどうか、2つ目は子供も障害年金の対象になるかということでした。

現在の状況をお伺いすると、母親の症状としては非該当となる可能性が高かかったのでその旨ご案内。

子供に関しては、日常生活状況をヒアリングしたり、現在の主治医の見解から申請する価値はありそうだと判断し案内。

また、主治医としても信頼できる社労士に任せた方が良いと言っていたご様子。

それまでのやり取りから信頼していただき、面談を希望していただきましたので面談設定へ。

面談は事務所からは遠方ですが、ご自宅近くの喫茶店にて実施。

面談にて契約書、委任状の作成を行い、ご依頼となりました。

相談から請求までのサポート

今回の申請は20歳前障害年金となります。

初診については現在の病院の初診が20歳前であることは明らかであったため、病状の歴史と現在の病状についての整理を行うことに注力できました。

病状についての整理は主治医も必要としてくれている雰囲気でした。

また、病状の歴史についても診断書作成には必要なことであることもあり、病歴も重宝していただけたご様子。

出来上がった診断書は現症日が認定日(20歳時点)ではなかったので、そこは修正してもらい申請へと移行しました。

結果

障害基礎年金 2級

無事に受給決定となりました。

今回は長期ではないですが過去の遡りの請求が認められ、初回にある程度まとまった金額が振り込まれたことも安心していただけたようです。

元々受給できないかもしれないと思っていただけに喜んでいただけました。

今回のケースでは、一見健常者に見られがちである本人の状況をしっかりと浮き彫りにして、日常生活には他者の手助けが必要なことを明確にしたことが受給に繋がったのだと思っています。

「手帳が3級だから、Cだから貰えないですよね、厳しいですよね」という声をよく耳にします。

しかし、実際にはそれらの等級で障害年金の等級は決まりません

実態としての日常生活能力、労働能力はどうなのかが大切です。

次にその実態を書類に落とし込む

これが中々上手くできない事でもありますが、

手帳などの等級に惑わされることなく、実態を把握し、その実態が診断書に現れる様心掛けて進めていってください。

勧めている途中でも疑問質問が有れば当センターに問い合わせしてみてください。

お力になれる様な回答をさせていただきます。

当センターは問い合わせ方法も沢山用意しておりますので、皆さんのやりやすい方法で構いませんので是非問い合わせてみてください。

LINEで簡単にご相談できます。

LINEをお使いのお方はLINEを使って簡単にご相談することができます。
※公式アカウントの登録はこちら↓

問い合わせフォーム

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

お電話番号 (必須)

※メールが届かない場合がございますので、電話番号のご入力をお願い致します

ご都合のつく時間帯はいつですか?
9:00~12:0012:00~15:0015:00~18:0018:00~

年齢 (必須)

お住まい (必須)

傷病名 (必須)

発症日 (必須)

問い合わせ内容
無料相談を申し込みたい受給できるかどうか知りたいその他(自由記入)

その他の方は下記にご記入ください

個人情報保護方針を確認頂き、宜しければチェックを入れてください

今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

受給事例の最新記事

発達障害・知的障害の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金無料相談受付中! 050-5897-7869 受付平日9:00〜18:00 携帯 080-8413-8439 お急ぎの方はこちらまで 無料相談会予約無料メール相談