【面談】自閉症の方のご家族と面談を行いました。

先日、自閉症の方のご家族と面談を行いました。

今回のケースはHPを見て電話での問い合わせから始まりました。

20歳になったばかりの子の障害年金の申請をどうしようか悩んでいるとのこと。

同級生のお母さん達からも「療育手帳Cだと難しい。自分達でやるよりは社労士に頼んだ方が良さそう」と色々言われて悩んでしまったようです。

また、病院の先生からも「20歳になったし、障害年金の申請を考えているのであれば書類を作るから持ってきてね」と声掛けされ、更に悩んでしまいました。

障害年金の申請についてサポートしている社労士を探してみようとなり、インターネットで検索。

HP、実績、口コミなどを参考に当センターを選んでいただき問合せへ。

電話での対応も否定的ではなく、話しやすいと感じていただき、面談へと移行しました。

面談では今までのことをヒアリングと整理、症状についてもご家族の陥りやすい勘違いについても説明し、申請までにできる準備についてご案内。

申請するにしても、出来るだけ良い形で審査を受けてみたいとなりご依頼となりました。

今回のケースの様に障害年金に該当するかどうか、どちらになってもおかしくない(ボーダー)という方の相談は多いです。

だからこそ、しっかりと対策を打っての申請が望ましいですね。

同級生や先輩の親からの障害年金についての話を聞く機会が多い方もいらっしゃると思います。

どのような話を聞いているのかをまとめると、案外間違っていたり、大変さを強調するだけのことが多い様に感じます。

実際には個々のケースで違ったり、工夫があったりと、聞いた話をは違う点が多いのが現状です。

確認が取れず、惑わされてしまうくらいであれば、我々専門家に問い合わせて見た方が回答がでるのですっきりしますし、不安も取り除かれると思います。

問合せは無料です。

障害年金の申請における保護者の不安を払拭して、前向きに取り組める様案内させていただきます。

当センターでは、相談者が問い合わせしやすい様、HP、メール、受給判定、LINE公式アカウントなど問い合わせ導線を多く準備しておりますので、やりやすい方法で是非問い合わせてみてくださいね!

LINEで簡単にご相談できます。

LINEをお使いのお方はLINEを使って簡単にご相談することができます。
※公式アカウントの登録はこちら↓

問い合わせフォーム

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

お電話番号 (必須)

※メールが届かない場合がございますので、電話番号のご入力をお願い致します

ご都合のつく時間帯はいつですか?
9:00~12:0012:00~15:0015:00~18:0018:00~

年齢 (必須)

お住まい (必須)

傷病名 (必須)

発症日 (必須)

問い合わせ内容
無料相談を申し込みたい受給できるかどうか知りたいその他(自由記入)

その他の方は下記にご記入ください

個人情報保護方針を確認頂き、宜しければチェックを入れてください

今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

コラムの最新記事

障害年金無料相談受付中! 050-5897-7869 受付平日9:00〜18:00 携帯 080-8413-8439 お急ぎの方はこちらまで 無料相談会予約無料メール相談